降圧剤 副作用

降圧剤、多くの恐ろしい副作用・・・

高血圧改善の薬と言えば降圧剤ですが、
長年服用し続けるといろいろな副作用の恐れがあります。

 

降圧剤

降圧剤には、副作用として頭痛、吐き気、咳、精力減退などがあり、

更に最近のの研究でボケを促進することも判明したのです。

 

だからと言って、降圧剤をやめてしまうと、
脳梗塞や心筋梗塞の危険性が増大します。

 

では、いったいどうすれば良いのでしょうか?

 

実は、「日本食養の会」会長の藤城博院長が、降圧剤なしで、
高血圧を治療する方法を考案したのです。

★降圧剤を使用せずに高血圧改善・ここをクリック★

 

降圧剤には辛い副作用や、認知症の危険など
様々な問題がありますが、それを避けることは可能なのです。

 

それは藤城博院長の最新の高血圧改善食事療法です。

 

従来の病院が指導してきた食事療法は、単なる減塩でしたが
藤城博院長の食事療法は根本から違う、最新の高血圧改善方法です。

 

降圧剤は、一時的に血圧を下げるだけなので、
一生薬をのみ続ける必要があります。

 

しかし、藤城式食事法で高血圧を根本から改善すれば、
もう、降圧剤を飲み続ける必要はなくなります。

 

公式HPには、藤城式食事法で高血圧を改善し、
降圧剤から解放された人の喜びの声でいっぱいです。

 

↓↓↓降圧剤なしで血圧を下げる食事療法DVDここをクリック↓↓↓

リンク

 

dvd

高血圧・降圧剤をやめて根本的な治療を

命に係わる生活習慣病の中で心筋梗塞や脳梗塞などをよく耳にします。元気だった芸能人やスポーツ選手の突然の訃報も、これらの病気が原因であることをよく聞きます。

 

これらの生活習慣病の大きな原因として高血圧が、問題視されています。最近の病院では診察前に血圧を測る機会が多くなってきました。これは高血圧が、多くの重大な病気の原因になっていることがわかってきたからです。

 

病院で高血圧と診断され、一般的な治療法と言えば血圧を下げる効果がある降圧剤の服用でしょう。しかし、降圧剤は血圧を一時的に下げるだけであって、高血圧そのものを治療する効果はなく、副作用も心配です。結局、高血圧を治療するためには、禁煙や禁酒をしたり、減塩食や運動などを自分で行うしかないのです。

 

しかし、これらの高血圧対策を自分で続けるのは、なかなか困難です。そこでお勧めなのが、インターネットで公開されている高血圧改善プログラムです。これらのプログラムは、DVDの動画で解説されているので、誰でも簡単に高血圧改善を行うことができます。

 

どのプログラムも高い効果がありますが、生活環境などを考えて、ずっと続けられそうなものを探しましょう。またこのサイトでは、高血圧について詳しく知るために原因や症状、対処法などの詳しい情報を掲載しています。

 

↓↓↓降圧剤なしでも血圧は下がる・詳しくはコチラ↓↓↓

リンク

近年注目され始めた高血圧

血圧計

高血圧のことを知る前に、血圧の仕組みについて説明しようと思います。血管中を流れる血圧による血管にかかる圧力が血圧です。心臓は、血液を血管にポンプのような作用で毎分60〜70回押し出しています。この動作が手首などで感じるドクンドクンと脈打つ脈拍という現象を起こします。血管に一番強く圧力がかかるときは、心臓が収縮して血液を押し出す瞬間で、これを収縮期血圧(最高血圧)と呼びます。そして血圧が一番低くなるのは、収縮後に心臓が拡張するときで、拡張期血圧(最低血圧)と呼ばれています。収縮期血圧と拡張期血圧の両方、あるいは片方でも高い状態を高血圧と呼びます。高血圧の状態になってしまうのには様々な原因があります。原因がはっきりと特定できるタイプの高血圧を二次性高血圧(症候性高血圧)と呼びます。このタイプの高血圧は全体の1割にも満ちません。日本人のほとんどの高血圧は本態性高血圧と呼ばれ、原因をはっきりと特定できないタイプの高血圧なのです。

 

高血圧が一番厄介なことは、自覚症状がほとんどないため、血圧計で実際に測定するまで解らない点です。高血圧と診断される人は、頭痛がしたり、肩こりがひどくなるといったこともありますが、このような症状は高血圧特有の症状というわけでもないので、高血圧の早期発見にはならないのです。高血圧を早期発見するためには、健康診断を定期的に受けるしかないようです。健康診断を受ける習慣がない人は、風邪などの他の病気で診断を受けた際についでに血圧を計ったら、高血圧だったと判明することが多いようです。また困ったことに、健康診断で高血圧と分かり、精密検査を受けるように指導されても、日常生活で特に支障がないため放置する人がかなり多いのです。高血圧の状態を放置しておくと、動脈硬化になって血管が硬くなったり、のちに虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)や脳卒中などの発作を起こす危険性もあります。これらは生命を脅かす重大な病気なのです。

 

日本人のおよそ781万人もの人が高血圧の治療を受けています。高血圧の人は普通にいるので、あまり深刻な問題と捉えていない人が多いようですが、自覚症状がないままに長年に渡って血管をむしばんでいくので、「サイレント・キラー」と呼ばれている恐ろしいびょきだと認識しましょう。高血圧の状態で、血管を流れる血液の圧力が上昇すると、常に血管が圧迫し続けられ、酸素を届ける血管の動脈が痛みやすくなってきます。さらに、心臓が大きな圧力で血液を送り出しているので、心臓にかかる負担が大きくなり、疲れやすくなってしまうのです。高血圧になると血管や心臓に障害が生じるのです。

 

高血圧と言えば、誰もが心臓病や脳卒中などの病気を思い出すと思いますが、実は腎臓も動脈硬化の影響を大きく受けるのです。腎臓の働きは、血液中の不要な老廃物をろ過して取出し、尿と一緒に体外に排出するものです。そのため腎臓は毛細血管ののかたまりのような構造なので、動脈硬化によって血流が悪くなると腎臓の働きは低下するのです。高血圧の治療方法が進歩したので、以前と比較すると腎臓病になる確率は低下してきましたが、高血圧の人の寿命が伸びてきたので、人工透析を受けている人の原因の第3位が高血圧などによる腎硬化症(2002年/不明分を除く)で、1993年からの10年間に2.5倍に増えてきています。
2006年の国民健康・栄養調査では、日本人の40〜74歳の人の男性で約6割、女性で約4割が高血圧(140/90mmHg以上)というデータになっています。日本人は世界的に見ても高血圧の人が多いのですが、収縮期血圧の平均値が最も高かったのは、1960年代前半で、この時期をピークに、男女ともに血圧は下がってきました。生活習慣病と高血圧の関係が重要視されるようになってから、高血圧性の病気で治療を受ける人が増えてきたので、高血圧の人が減少してきたのだろうと考えられています。厚生労働省の患者調査では、1955年には、高血圧性の病気で治療を受けている患者は人口10万に対して61人だったのに、1975年には475人と急上昇し、さらに2005年には513人と増加しています。

 

厚生労働省の「健康日本21」の試算では、国民の血圧が平均2mmHg低下すれば、脳卒中が原因の死亡者は約1万人減少し、新たに日常生活活動が低下する人の発生も3,500人減少するだろうと予測されています。また、循環器疾患全体では死亡が2万人減ると言われています。いかに高血圧患者を減らすことが重要かという証です。また、いまの日本の財政を医療費が大きく圧迫していることが社会問題となっています。65歳以上の高齢者の医療費のうち、高血圧とその結果である病気(高血圧・虚血性心疾患・脳血管疾患等)の治療費が32.6%にもなっています。日本では、将来さらに高齢者が人口中に占める割合は増加していくので、高齢者の医療費を削減することは重要です。このためには、高血圧を定期健診などで早期発見して血圧をコントロールする二次予防だけでは限界です。若いうちから日常生活で高血圧の予防に努め、高血圧にならないようにすること、つまり一次予防が重要な課題となってきます。子どものころから、高血圧を予防するための生活習慣を学ぶことが大事です。

生活習慣病

いま日本人の間で問題となっている生活習慣病。生活習慣病は、その発症・進行が生活習慣によるもと思われている疾患のことです。高血圧が大きな原因と言われている脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病に癌など、病気による日本人の死亡原因の多くがこの生活習慣病であると言われています。この生活習慣とは、日常生活における食事や睡眠、労働など、あらゆる行動のことを指していて、特に問題視されているのが、食事の内容や運動、飲酒や喫煙の習慣などになっています。生活習慣病は、何も近年になって急に始まったわけではなく、昔から存在していました。以前は大人に特徴的な病気だったので、成人病とも呼ばれた時期もありましたが、生活の変化と共に、成人はもとより未成年の子供たちにまで、この病気が増えてきたので、現在の生活習慣病と言う呼び名に変わったのです。生活習慣病の引き金となっている生活習慣は、住んでいる地域や国などによって様々ですが、どの場所においても生活習慣病による死亡率は高くなっています。

 

ウェーデンが32年間にわたって実施してきた追跡調査によると、生活習慣病における死亡リスクは、高コレステロール血症1.10倍・メタボリック症候群1.36倍・高血圧1.55倍・糖尿病1.64倍・喫煙1.92倍となっており、なんと昔は不治の病として恐れられていた糖尿病よりも喫煙による死亡リスクの方がはるかに高いという結果が出ています。ただし、高血圧や糖尿病、高コレステロール血症、メタボリック症候群に関しては、その大きな原因が食生活によるものと考えられていて、これらの要因による癌発生の原因に30%が係っているとみられています。

 

生活習慣は国によって変わってきますが、日本における生活習慣病の対応はどのようになっているでしょうか?日本では、昭和30年以降、日本人の病気による脂肪の3大疾患と言われる脳卒中・がん・心臓病の対策が行われてきました。脳卒中・がん・心臓病は、当時、中高年に多く見られる疾患だったため、これらの病気は「成人病」と呼ばれていました。しかし、これらの病気大きな原因は、加齢によるものではなく、長年の生活習慣が問題となることが多いと分かり、現在の生活習慣病と言う呼び名に変わったのです。2006年のデータによると日本人の病気による死亡原因の上位の脳卒中、がん、心臓病による脂肪割合は58.2%もあり、疾患による死亡原因の半分以上が生活習慣病となっているのです。

 

生活習慣病対策として、日本では食生活の見直しや禁煙が奨励されています。また、2008年には、メタボリック症候群の対策として特定健診制度が設立され、様々なの生活習慣病のための対策が行われています。

 

↓↓↓自宅でできる高血圧改善食事療法DVDはここをクリック↓↓↓

リンク